スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1歳上の姉さん女房=抜群の行動力―菅首相の伸子夫人(時事通信)

 ファーストレディーとなる菅伸子夫人(64)は、菅直人新首相とはいとこ同士で、1歳年上の姉さん女房。新首相の政治活動を支え続けてきた、「戦友のような」(新首相)存在だ。普段は舌鋒(ぜっぽう)鋭い新首相も、夫人の前ではおとなしくなる。
 行動力も飛び抜けている。新首相の地元での活動を積極的に引き受け、国政選挙では民主党候補の応援演説で地方を飛び回り、自らマイクを握る。2004年5月、民主党代表だった新首相が年金未納問題を指摘された際、夫人が新首相に代わって、「未納といわれるが、払いようがない状態だった」などと釈明した。
 飾らない性格で、新首相が自宅で番記者と懇談しているところに加わることもたびたび。夫人の勢いに押された新首相の口がとたんに重くなる場面もあった。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相が退陣~
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真ニュース〕菅民主党代表と小沢幹事長=菅首相誕生
〔写真ニュース〕一礼する菅民主党代表=菅首相誕生
〔写真ニュース〕菅首相が誕生、8日組閣へ

民主、複数候補擁立を見直し…次期選対委員長(読売新聞)
石原都知事 「菅首相、役人うまく使って」(毎日新聞)
天皇陛下、温家宝首相とご懇談(産経新聞)
薬局チェーンに強盗90万円奪う 奈良・大淀(産経新聞)
財政再建、調整難航も…公約「消費税」明記焦点(読売新聞)
スポンサーサイト

米国防長官「普天間進展喜ばしい」…防衛相に(読売新聞)

 【ワシントン=白川義和、小川聡】北沢防衛相は25日午後(日本時間26日未明)、米国防総省でゲーツ国防長官と約40分間会談した。

 ゲーツ長官は沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題に関し、「まだ重要な作業が残っているが、これまでの進展は喜ばしい」と述べ、同県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部に移設するもともとの計画に近い案を日本側が認めたことで、日米が大筋合意に達したことを評価した。防衛相は代替施設の工法について、鳩山首相が「環境への配慮」を重視していることを伝えて理解を求め、工法の検討を続けることで一致した。

 普天間問題について、防衛相はさらに、沖縄県内にある米軍基地の訓練などの県外移転や米軍訓練水域の一部返還など、沖縄県側からの要望事項の実現を重ねて要請した。両氏は、28日に発表する予定の、日米の外務、防衛担当閣僚(2プラス2)による共同文書の最終調整を行った。

 また、会談では、韓国の哨戒艦が北朝鮮の魚雷で沈没した事件を受け、6月4~6日にシンガポールで開かれるアジア安全保障会議にあわせて日米韓防衛相会談を開くことを決めた。防衛相は「北朝鮮の魚雷攻撃は許し難い。強く非難する」と述べた。長官は「日米韓が連携して統一した姿勢を示すことが重要だ」としたうえで、日本の対応に謝意を伝えた。

 このほか、東シナ海での活動を活発化させている中国海軍に関し、日米の情報交換や警戒監視を強化することでも一致した。

<宇宙の種>再打ち上げ JAXA、9月に同種類(毎日新聞)
和歌山「正論」懇話会 木村汎氏講演「北方領土、正当性主張を」(産経新聞)
生態系保全目標、大半先送り…条約会議準備会合(読売新聞)
<刑務官暴行>革手錠の違法性認め国に賠償命令…名古屋地裁(毎日新聞)
<建設業法違反>虚偽の申請で許可得た元組幹部ら逮捕 愛知(毎日新聞)

私立高の野球部員、寮で死亡…練習中に頭強打(読売新聞)

 岡山市東区の私立岡山学芸館高の1年生の野球部員(16)が、練習中に他の部員と衝突して頭を強打するなどした後、寮で死亡していたことがわかった。

 同校によると、部員は15日午後3時頃、練習試合で訪れた岡山県和気町のグラウンドで、ノックのフライを追っていた際、チームメートと衝突して転倒。岡山市内の病院に救急搬送され、コンピューター断層撮影法(CT)検査などを受け、「異常なし」と診断された。この後、別の病院で衝突で傷めた歯の治療をし、同日午後9時頃、寮に戻った。

 16日は監督の指示で練習を休んで自室におり、午前8時頃には母親と携帯電話で話していた。昼頃にチームメートが部屋に様子を見に行くと、ぐったりとしていたため、119番。救急隊員が駆けつけた時には既に死亡していたという。

 岡山東署は18日、遺体を司法解剖して死因を調べる。小松原昭副校長は「思いがけない事故で、診断も『異常ない』とされていた。驚いている」と話している。

小沢氏、再聴取 沈黙貫く首相/党内「戦えぬ」 参院選へ影響は不可避(産経新聞)
山陽新幹線で停電、姫路―新大阪駅で運転見合わせ(読売新聞)
ポートアイランド 街開き30周年 住民パワーゼロから文化築く(産経新聞)
テント飛ばされ、生徒10人負傷=中学体育祭で―滋賀・近江八幡(時事通信)
たちあがれ、片山虎之助氏を擁立(産経新聞)

仙酔峡の「ミヤマキリシマ」が見ごろ=熊本・阿蘇〔地域〕(時事通信)

 熊本県阿蘇市の阿蘇高岳の中腹にある渓谷「仙酔峡」で、約5万株の「ミヤマキリシマ」が見ごろを迎え、鮮やかなピンク色の花が訪れる人の目を楽しませている。
 ミヤマキリシマはツツジの一種。仙酔峡では、約900メートルの標高に自生し、ピンクの花が一面をピンクに染める。仙酔峡の地名は、仙人が花に酔うほど美しいと形容されたことから名付けられたとされる。
 例年は、5月の連休明けごろが見ごろとなるが、今年は気温の上がらない日が続いたため、開花時期が例年より遅いという。期間中はイベントも開かれ、多くの観光客が訪れる。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕堂々と立つ「一本桜」満開=岩手・雫石町
〔地域の情報〕県庁正門にミニ「熊本城」が登場-熊本県
〔地域の情報〕法被姿で歌舞伎祭アピール=石川県小松市
〔地域の情報〕壮大に広がる藤棚=福岡県八女市
〔地域の情報〕30周年目の朝市オープン=仙台市

念仏唱え続け…不明の80歳女性、自力で下山(読売新聞)
法政高の元教諭書類送検=修学旅行で生徒暴行の疑い-警視庁(時事通信)
県内移設まで40数カ所検討=官邸入りで「認識新たに」-鳩山首相(時事通信)
鳩山一郎元首相の墓に黄色いペンキ…谷中霊園(読売新聞)
「河村市長、議会とうまくやって」身内も注文(読売新聞)

鳩山首相 「ぶら下がり」やめたい 周囲に意向(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相が平日に原則2回のペースで行っている「ぶら下がり取材」を取りやめ、記者会見に切り替える意向を周囲にもらしている。記者クラブ加盟の記者によるぶら下がり方式ではなく、フリーの記者も参加する「オープン会見」の回数を増やしたいとの希望からだ。米軍普天間飛行場の移設問題などで、短いやりとりが「ぶれた」との批判を招き、「毎日、同じ質問ばかり」という首相のいら立ちも背景にある。

【俗称は「ぶら下がり」】鳩山首相は1日2回答えている 首相VS記者団

 ぶら下がり取材では、記者と取材対象が立ったまま、質疑を交わす。自民党政権下の小泉純一郎元首相から導入されたが、発信の場として活用した小泉氏に対し、その後の政権では失言につながるケースもあった。数分間で数問のやり取りを行うため、鳩山政権内にも「真意が伝わりにくい」(首相周辺)との不満がある。

 首相は3月26日、フリー記者も参加したオープン記者会見の後、「(記者クラブに所属する)決まった社だけが参加できるぶら下がりはおかしい」と周辺に疑問を呈したという。今月21日には、司会役の首相秘書官が質問を打ち切る前に首相が席を外す場面もあり、政権発足当初に比べ、記者団との関係はぎくしゃくしている。

 過去の安倍、福田、麻生各政権でも、内閣支持率が下落すると、ぶら下がりの回数制限などが検討されてきた。発信する中身ではなく、やり方にこだわるのは、総じて政権が「下り坂」に入った時だった。複数の側近議員は引き続きぶら下がりを行うよう進言している。

 26日夕のぶら下がり取材では、支持率下落に関する質問が記者団からあり、首相は「内政・外交問題で、国民のご期待に応えるよう精いっぱい努力すると、それしかない」と強調。同日、大相撲春場所で史上初の幕内在位100場所を達成した大関・魁皇関=本名・古賀博之氏=を首相官邸に招き、内閣総理大臣顕彰を授与した際には、魁皇関によると、首相は「(政権を)少しでも、長く続けられるようにしたい」と意欲を示したという。【山田夢留】

【関連ニュース】
【過去2ヶ月、首相は何を語ったか】俗称は「ぶら下がり」鳩山首相VS記者団 アーカイブ
【図説で読み解く】鳩山由紀夫首相の略歴、語録、人間関係
鳩山政権の通信簿:マニフェスト検証 7カ月目
【支持率低迷にあえぐ】ドキュメント 9.16鳩山内閣誕生の1日
【支持率低迷にあえぐ】7ヶ月前、意気揚々としていた鳩山氏

「再生医療製品」の迅速な実用化で議論開始―厚労省(医療介護CBニュース)
「美しい地球、誇りに」=山崎さん、歓迎式典に-歓声と拍手に包まれ(時事通信)
「走行距離制限は違法」=札幌MKが国相手に提訴-札幌地裁(時事通信)
遺体発見直前にクラクション…茨城・女性殺人(読売新聞)
<掘り出しニュース>鉄道ファンもびっくり! 銭湯にNゲージ 愛知・一宮(毎日新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。